読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんちきのもよう

コント師関本佳史 告知とかおねおねした文

職業人たちの言葉

 結局はそれを経験する、経験できないならそれをやっていたひとに話を聞くということやなかろうか、何事も。そうすることで思い上がりというやつは顔をひっこめてくれるのやなかろうか、と思うのです。

 

 なんのことかというと労働のことです。

 

居酒屋のキャッチの仕事はどえらく大変だろうな、という話をたまにする。職業選択の自由というが、現実はゲームのように職業は選択できない。やりたいことよりも今金が稼げること、1時間でケツをわるようなことなく給金もらえるまでやれるかどうか、それが重要となる。1時間でケツをわったとして1時間分の時給、例えば俺もうこの仕事やめるか1時間働いた分の800円ちょうだい、といってもはいよとくれる人はいない。いないというか言いだせるかいな。

 居酒屋のキャッチの仕事。

「お兄さん、居酒屋探してません」

といってくる。これはわかる。

「お兄さん、居酒屋ちゃいます」

と言ってくる。ちゃいます、とは関西弁。標準語でいうところの「ちがいますか」

「居酒屋ちゃいます」

と私にいわれても居酒屋に関係しているのはあなたである。私からしたら居酒屋はお前や、となる。雇い主は誰かはしらないが、私からしたら居酒屋はあなただと思うのだ。

「居酒屋ちゃいます」

と聞かれたら

「私は農家です」

と答える。

でも、その場合おっかしな人間となるのは私は農家ですと答えた人間となったりする。難しいところですね。

などと難癖をいう。しかしね、見ず知らずの人間に声をかけ続けるというのはそこにはフォームができてくる。

このキャッチとはいかなるものか、と思うのだ。いつか話をききたい。自分ではやりたくない。なぜなら知らない人に声をかけあまつさえ居酒屋まで連れていくという芸当は私にはできないし、ずっと立ってるのは腰が痛いし、である。

 

 

 電気屋さんの売り子。通信関係の方々。これもつらそうだ。Wi-Fiの申し込みをする。売り子さんは説明をする。話を聞いていくとどうも売り文句とちがうぞ、という気分になってくる。それを指摘するとこういわれたのだ。

「通信てだいたいそんなもんですよ」

いや、そんなもんていわれても、その、なんというか

「この電車よくとまるね」

「各駅停車ってそんなもんですよ」

といわれればなにも異論はないのだが、通信の門外漢を相手に説明するときにその言葉はないだろう。だって、通信の世界は電車ほど当たり前のものだと思わないのだ私は。鉄道の歴史とインターネットの歴史、比べるまでもない。

うううううう、と難癖をいいたくなる。

 

 説明を聞く。それを理解しようとするのとうなづくというのはどっか違うものだと思うのだ。私としてはうなづいて理解してますという意思表示はどっかにいって今そこにあるのはどういった内容か反芻することに全精力を注いでいるのだ。

 うなづかないと私に説明者はうなづきを求めてくる。

 業を煮やした説明者はこういった。

「お客さま、おわかり」

説明者は兄ちゃんである。兄ちゃんだ。おわかりというのはマダムのみに許された言葉ではなかろうか。マダムであってもなかなか客相手におわかりといは言わんだろう。なんだ、おわかりって。

 

 しかしね、通信関係の売り子さんの仕事を一度でもしてみたら、彼の気持ちがわかるかもしれない。やったことのない人間の思い上がりなんだろう、それはきっと。

 

 「一度お客さんの考え方をかえてみましょうか」

とも言われた。

 なんでそこまで言われんとあかんねん。

僕らのミライへ逆回転

 

 無知無知の無というイベントでブログを書くと宣言しました。

 ブログを書きます。

 

 僕らのミライへ逆回転という映画を観てよ、イベントで言いました。するとじゃ、その映画のよさを文章にしてよ、と言われたのです。

 おい、な、100分くらい、何もいわず俺にだまされろよ、である。が、しかし、書くと言ったので書く。

 

 僕らのミライへ逆回転という映画は本当にいい映画。本当に。それはもう、本当に。

 あらくいうと、個人経営のレンタルビデオショップが閉店するという話。あ、わかりました、その手のしめっぽいやつね、と思われたら、少し違う。確かに少しはしめっぽい。ただ、100分通してその作品のベースラインはまぬけだったら、可愛げがあったり、くだらなかったり、茶化し倒したり。

 でも、少しそこにはギャグ以外の何かもある。

 

 それってなんだろうか。それはたぶん、おおげさにいうと人生だ。人生観。人生など様々でお前の思う人生観をぶちまけられても私は違うわ、すかたん、と言われればそれまでだ。

 なんだけど、も少しだけ読んでほしい。説明するから。

 

 映画。それはフィクションだ。ドキュメント映画もフィクションかと言われれば、フィクションです。それはやらせとかそういうことやなくて。カメラがある。フィルムがある。編集される。そこには意図が生じる。作為とでもいおうか。作為、それはフィクションです。こわっぱの断言。

 

 フィクションは意図に向かう。意図に向かう時、へらへらは余分になるときがある。極端いうと、ジャッカルの日。あの映画はただただ目的に向かう。

 コメディといわれるものは、へらへらが目的になる。へらへら。

 

 私は今まで、いろいろなことがあった。その都度いろいろ考えた。ある意味では真剣に。でも毎日どっかふざけていて、なんというか真向目的に向かうてのは不健康だと思っている。へらへらしながらしんきくさいんだ、私は。

 

 全編通してへらへらもしてないが、しんきくさい。もっというとしんくくさい自分でもなんとかなるのは、どっかでへらへらしてるからだ。

 

僕らのミライへ逆回転はそういう映画だ。

 

 

 

ありがたいことに芝居を書かせてもらうことがある。さらにありがたいことに、それを観て、おもしろいとかつまらないとか言ってくれる人。できたらつまらないは心でしまっておいてね。でもね、観劇してもらえる。だからこそのことだってことはわかってはいるのです。

 私のような人間でも何かを結末らしきところまで書く、という行為には癖がです。で、まさに僕らのミライへ逆回転なのだ。シビアといえばシビアなんだが、どっかしらへらへらしている。そういうものばかり書いてきた。

 おっかしな事をつくりださないと、疲弊するばかりだよ。

 

 結局おまえの波長のあうから勧めてるのか、と問われればイエスアイドゥーだ。なぜ坂田利夫さんのギャグを差し込んだかはよくわからない。

 

 今年も芝居を書かなければならないのだ。

 独演会もしなければならないのだ。

 誰からも注文はないとしても、しなければならないのだ。

 

 なんだ、そのしなければならないってのは、というのはまた次回。

夏支度。

 とんとブログを書かなくなった。その理由はなんでしょね。ライヴがへったてのもあるね。告知てのは大事だ。ネットの告知にどれだけのの効果があるかはわからんが、やれることをやる、それは大事だ。で、告知だけでは素っ気ないので、おねおね文も書く。そういう流れだ。
 
 最近はおねおね芝居の台本を書いてます。おねおねと。

 家にいると、屁こいてビールのんで寝ることが多い。ネットカフェで書くことが多い。

 ネットカフェてのはなんだな素っ気ない。サービス満点だが、素っ気ない。それは素っ気ないを演出しているのだ。

 僕はどうしてもいなたいものに惹かれる。昔見た光景。大阪天王寺で露天商がウォークマンをオオクマ500円と値札をたてて販売していた。ウォークマンを販売していたおじさんはオオクマだと思っていたのだろう。確かに、文字認識がなければオオクマと聞こえるかもしれない。
 
 ソニーのオオクマ。

 それはソニーの従業員だ。

 そういうのに惹かれる。mp3とオオクマ。どっちに愛がある。
 俄然オオクマだ。

 オオクマ主義者の僕はどうもカフェより喫茶店がいい。
 スポーツ新聞。沢田研二が流れるユーセン。壁には番付表。近所のおじさんから人気のあるママ。またはガラガラ声のママ。またはヘビースモーカーのマスター。たばこも売ってる。トイレには日めくりカレンダー。

 日めくりカレンダーが好きだ。あれはなんだろう。あまり役には立たない。先の日程がわかりにくいから。でもなんかいい。あのペラペラの紙。

僕はペラペラの紙が好きだ。油取り紙で油をとることはしないが、あの油取り紙のペラペラは好きだ。

 ネットカフェにはトイレに油取り紙があるところがある。が、日めくりカレンダーはない。綺麗なバイトはいるがガラガラ声のママはいない。
 
 夏までガラガラ声のママのいる喫茶店をら見つけねば。
 喫茶店が本領発揮するのは、夏であります。そのことについつは、また今度。





 












武術にバーコード

何か書くことがあるんじゃないか、とおもうのだが、なにもない。ないことはないのだろうが、なんだか書くということが、どうもなんとも、なんて気になったのだ。

 独演会が終わった。
 独演会を観に来てくれた方に感謝である。
 独演会が終わって思ったことは、独演会なんだな、俺は、なんてことでなんだそれて感じだが、35歳のおっさんが一人で何か妙なことをしているってのを観てくれる人がいる。それ以上ないのかもしれない、とおもったのだ。

 そりゃ、言いたいことはないわけじゃないが、だけど日和ったとかやなくて、もうフィクション以外はとりあえずいいか、なんて気になった。ネットラジオ、漢方おねおね放送局では、あれやこれやいってはいるが。

 ビックコミックスピリッツを買うのをやめた。たまに、喫茶店やスーパー銭湯ビックコミックスピリッツを開く。中崎タツヤのじみへんを読む。

 中崎タツヤはいつ衰えるだろうか。いつまでもくだらないことをかける人。きっと中崎はまれびとだ。

 ふいに思い出す。中崎さんはよくそれを漫画にする。そうふいに思い出すんだ。

 昔、本屋でアルバイトしていた頃。秘伝という古武術をあつかった月刊誌があった。
 秘伝だ。
 秘伝。秘伝が本屋で売られていふ。バーコードまでついて流通している。1000円以下で買える秘伝。

 どんな秘伝や。

 なんてことを神戸のダイエーの屋上駐車場で夕日を見てる時におもった。
 なぜだろう。
 記憶の喚起ふいにやってくる。

 ここ最近はおねおねおねおね芝居の台本を書いている。昨年もこんなこといってたな。昨年書いたものは、結局上演していない。前はあてもなく書いたが、今書いてるものは、とりあえずあてがあって書いている。

 あて。あてだよ。コントを17年やってきたが、あてがあったことがない。あてがないなら、勝手にするさと独演会。
 今書いてる芝居はあてがある。それは多分けっこう幸福だ。

ブブカ

関本佳史独演会
「よんぱか」
 出演 関本佳史
 大阪市中央区西心斎橋2-8-33アメソンスクエアビル地下一階ライヴスペース「秘密基地」
  3月28日土曜日
 18時開場18時30分開演
 
 よんぱか公演後、インターネットラヂオ漢方おねおね放送局の公開録音あり。

 願う。つ離れ。月見峠もでるよ。コントするよ。



 一年かけてやうやくドン・キホーテを読了しました。おもしろい。
 サンチョパンサが好きになったよ。
 
 ドン・キホーテを読んでない方。ドン・キホーテとはどんな話かといいますと、ドン・キホーテという統合失調症の男がおねおねおねおねおねサンチョとおねおねおねおねおねしてる話です。
 これね、ほんとなのです。

 どうしてドン・キホーテを読んだかというと、世界の文芸評論家が選んだ一番おもろい小説てのが、ドン・キホーテやったからです。
 権威に弱いね。

 でも、それは反動なのです。私はあまり権威とか流行とかを意識しない。どういう奴かというと、面倒くさい奴です。ロッキーよりレイジングブルを語りたがる奴て面倒くさいよね。そう、私は面倒くさい。
 
 ほいでね、一度ね、世界の本読みがおもろいゆうてるもんに身を任せようという運びになりまして、読みました。ほんだらね、ドン・キホーテとサンチョパンサがずうううとおねおねおねおねおねしてるのね。
 
 確かにおもしろい。


 結局、阿呆らしいてのはええなあ、なんて思ったのです。ドン・キホーテてのは、あほな人間を延々と書いてます。多分それはなにかにつけ大事なことで、特に男はつまらんことで俺のほうが賢いであります、と他人と張り合う。

 張り合うのって、疲れるよ。

 

 疲れてはならない。これは大事なことである。市民マラソンてのは、端的にいうと、参加費はらって疲れにいってるのだ。魅力がわからない。でも多分あれだけの人が走るのだ。きっと魅力があるのだろう。


 走るてのは、なにかある。多分跳ぶより。趣味マラソンという方は多数いるが、趣味走り幅跳び、趣味走り高飛び、趣味三段跳び、趣味棒高跳び、という人にあったことがない。

 棒高跳びをしたことある人に会ったことがない。

 多分跳ぶ飛ぶより走るなんだろう、今のところ人は。

 体育の授業の高飛びで、背面跳びしてた奴がいた。
 うううううむ。背面跳びするやつの得意気な顔。そいつの背中に藁いれたくなるね。


ほな、また。

岩盤浴の効能

 たばこを吸っている。結局吸っているのだ。このままいけば禁煙となったのだが、このままいかなかったのだ。

 たばこを吸うと、腰が痛い。これ関係ないようだが、関係があるのだ。たばこを吸うと、筋肉が固くなる。これ関係ないようだが、関係があるのだ。なにせ、禁煙してはダメになってを繰り返している人間がいっているのだ。

 

 腰が痛いと嘆くと妻はこう言った。

「ならば岩盤浴にいけばいい」

 そうなのだろうか。かなり回り道をしている気がするのだが、どうだ、回り道だろう。腰がいたければ整体にいくほうがいいような気もするのだが、妻がいうには

岩盤浴にいけば腰が痛みが和らぐ」

というのだ。

 

 そういうことで、そういう言葉にのって、ほいほいと家族で岩盤浴のついてるスーパー銭湯に行った。私はわりに大浴場とか露天風呂と言われてるものが好きなのだ。なぜ好きかというと、家の風呂よりも呆けれるからだ。一人でおねおねと風呂に浸かっているいたのだが、4歳児のこどもも一緒に入る運びになった。この4歳児のこどもというのは、私のこどもである。他人のこどもを風呂に入れることはまずないのだ。私のこどもである。

 

 昔は熱い風呂にはいれなかったこどもだが、今では入れるようになっていた。

「ああああああ、あつくなってきた」

とこどもが言うので、ならば水風呂にはいっていなさい。と水風呂につけた。小さな人間が水風呂で呆けている。こどもてのはどえらいもので、およそ5分くらいはいっていた。ま、その後熱い風呂に10ほどつかったのは言うまでもない。

 

 風呂部門を終わらせ、私は一人岩盤浴へと向かったのである。この岩盤浴

、過去にもはいったことはあるのだが、これがどうも私には魅力的に感じないのである。あつううううい部屋、下が石、そこに寝転んでいる。

 これがそんなに魅力的だろうか。だって、夏場に寝転んでるのとどうちがうんだ、という気になるのだ。夏場、石の上に寝転んでいる、これとどう違うのだ。そんなこといいだしたら、サウナはどうだ、となるのだが、サウナはいいのだ。うん、勝手なそれだが、サウナはだって夏どころじゃないから。いっそ夏どころじゃないから。岩盤浴は夏でしょ、あれ。夏。夏だよ。

 

 なにはともあれ、そういうふうな思いがありますが、なにせ私は向かった。向かったのだ。岩盤浴に。

 

 結果からいいますと、やはり岩盤浴は夏だった。夏ばに下固いところで寝ている。そういう状況であった。

 夏に家でねてるのとどう違うのかわからない。岩盤浴と夏の家でのごろ寝の違うところは、自由気ままに屁がこけるかどうか、というのもある。岩盤浴では屁がこけない。屁をこかないでくださいという注意書きはないが、それぐらいのことはわかる。岩盤浴では屁はこいてはならない。音がしたら恥ずかしいし、音を消したとて臭いの塊になるのはわかる。

 

 結局腰痛がましになったかというと、皆目ならんのだ。滞在時間10分だしね。岩盤浴の魅力、いまだわからず。

 

 

 3月28日 土曜日

関本佳史独演会「よんぱか」

18時開場 18時30分開演

大阪市中央区西心斎橋2-8-33アメソンスクエアビル地下一階ライブスペース秘密基地

出演 関本佳史

コント8本

前売り1000円 当日1500円

 

公演後 インターネットラジオ漢方おねおね放送局の公開収録があります。

月見峠のコントもあります。

月見峠がネタをするといっているのです。ぜひぜひ。

 

 コメント頂いた方は前売りとなります。

 

 つ離れ、願う。

VHSの時代

3月28日 土曜日
関本佳史独演会「よんぱか」
18時開場 18時30分開演
大阪市中央区西心斎橋2-8-33アメソンスクエアビル地下一階ライブスペース秘密基地
出演 関本佳史
コント8本
前売り1000円 当日1500円

公演後 インターネットラジオ漢方おねおね放送局の公開収録がありあます。

 コメント頂いた方は前売りとなります。

 つ離れ、願う。

 

 

 たばこをやめよう、やめようとしているのだが、また吸ってしまう。そのことについておねおね書こうかとも思うが、ま、やめる。私の知り合いで「誰がそんな話興味あるねん」が口癖の人がいます。しかしですね、興味あるかなしかだけで生きるのはあまりに寂しくないだろうか。興味だけで生きていては話などできないのです。誰かの興味をひく話をしようという時点でおこがましいのです。

 そう、誰もあなたには興味ないかもしれないが、好き勝手すればいい。それは私もだ。

 

 僕らのミライへ逆回転という映画の話をしようか、私の毛布論をしようか難しいところだ。今日のところは僕らのミライへ逆回転の話にする。毛布論興味ないという人がいまいがいつかする。

 毛布論。

 これをかなり大仰にすれば私も先生になれるだろうか。先生になったらいいことはなにかというと、ちやほやしてくれそうなところだ。ちやほやされたいのかというと、あまりされたくないが、されたらされたでまんざらでもないだろう。整合性てやつに期待してはいけない。

 

 僕らのミライへ逆回転という映画についてである。はっきりいってはっきりいって、ここまで見事な映画はそうそうないんじゃないの、という気がする。映像、音、いわんや吹き替えにいたるまで、いい。実にいい。

 僕らのミライへ逆回転と書いたのだから、あらすじをいうのではないかと思った人がいるだろうが、残念ながらあらすじはかかない。ま、ウィキ版でもみてくれ。しかしだ、あらすじで分かったきになるな、てのもある。そう、そうなのだ。結果、結末なんてのはどっちでもいいのだ。ようは過程をたのしめ、なのだ。

 

 私はわりに映画をみてるほうの人間である。映画と自分の金玉をみていた時間どっちが長いだろう、と考えたらわりと難しい問題ではある。小便、風呂、男はけっこう自分の金玉をみてるものだ。映画、というのは、どうだろう。昔はVHSの時代、週3本ぐらいは観ていたが、今は週1本だ。

 

 そう、VHSの時代というのがあった。昔は吹き替え版と字幕版というのが別にあったのだ。今のような一つのディスクからどちらかを選択ではなく、はなからそれようのものをレンタルしていたのだ。そうなると、なかなか吹き替え版てのは借りないものである。

「ほら、映画はやっぱり字幕でしょ」

 といいたくなったり、気取りたくなったり。

 

 私も結構気取る人間で、家具のことをインテリアといいたい人間なのだ。嘘だ。家具をインテリアという人間にはなにがあっても大瓶ビールをおごってやりたくない。お前はベランダでハイネケン飲んでろ、と思ってしまう。ただ、ハイネケンてたまに飲むとうまいね。もしかしたらずっと飲んでもうまいのかもしれない。高いからたまだけど。それはそれとして。

 

 DVDの時代になり、私は吹き替えでも映画を見るようになった。こういう機能があるのだから、吹き替えも一度という感じだ。で、吹き替えで見ると、わりといい。その声優さんの演技がいいのだ。うん、いい。とくにヒューマンドラマと呼ばれるものは実にいい。

 ま、だいたいヒューマンドラマなんですが。あまり、ゾウリムシのドラマはない。ま、子猫物語は子猫が流されていくね。知らんがな、ですね。

 

 話がまとまりませんが、なにせ、僕らのミライへ逆回転はとてもいい映画なのです。

 

 

 毛布とダメ人間についてはまた次回。

 

 独演会きてね。コメントをまってるんだよ。